2011年05月15日

[音楽] やっぱりすげー

[音楽] やっぱりすげー





 Hiroなんです。


 前からすごいと思っていたけどやっぱり上原ひろみってすごいなぁ。いや、グラミーだからどうこうでなくて、結構前からすごいなとは思っていたんだけども。

 なんて言うのか、感情がそのまま音になって出てきているような。音楽は情熱だ!!ではなくて、技術という土台があって初めてその情熱を表現出来ると言うか。

 とにかくかっこいいとしか言えないなぁ。

 それと、この曲はHiroにはどストライクです。流れるベースラインと乾いたドラムの音が良いし、ギターがメインの場面でもきちんとピアノも主張しているし。



 もし実際にのだめが居たとしたら(リアルのだめの事じゃなくてね)こういう方向もありなんじゃないかなぁと思われます。





 以上。

 Hiroの音楽の歴史を紐解くと、根底には8ビートや16ビートが流れてる。しかも揺るぎのないテンポのビート。シーケンサーで作られたテンポ。だからこういったジャズ・スムースジャズなんかは相反する物なので非常に大好き。

 の、Hiroなのでした。


.
posted by Hiro at 22:20| 千葉 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。