2011年03月07日

[音楽] なるほど

[音楽] なるほど





Hiroなんです。


Hiroの好きなTMN。

デビュー当時から彼らのコーラスワークはとても評判が良かった。それはメンバーだから出来るのか仲が良いから出来るのは分からないけど、とにかく評論家や先輩アーティストからは評判が良かった。





しばらくして…10年後か20年後か最近なのか覚えて居ないけど、新事実を知った。





コーラスワークの上手さや技術は置いておいて、どうやってそこまで分厚いコーラスを楽曲に入れたのか。それもかなりの数の楽曲に、だ。

実はTMNのデビュー当時はまだまだ機材が高性能ではなく、思ったような音入れが出来なかったそう。演奏器材にしろ録音器材にしろ、あらゆる部分での性能。頭に描いた音を実現させるチカラと言うか…。

まぁ簡単に言えば、限られた中で音(曲)に厚みを持たせたかったと。

そこで、メンバーが影響を受けたバンド、QUEENのコーラスの手法をとったらしい。

QUEENの楽曲を聴いたらわかるけど、ロックオペラといわれているようにものすごくコーラスを多用している。それは曲の構成を考えてなのかもしれないけど、音に厚みを増すためだった…らしい。

以前小室哲哉本人がどこかで言っていたのは、シンセサイザーのチープな音では物足りないので、とにかく音に厚みを持たせたかったからコーラスを重ねたと。その辺りはQUEENを手本にしたと。





なるほどなぁ。





改めてQUEENの曲を聴くとかなりのトラック数をコーラスに使っているみたいだ。

そうやって良い物はどんどん吸収、消化して、新しく良い物が出来て行くんだな。それは新陳代謝みたいなものなのかな。





以上。

この記事は一週間以上かけて打ち込んでた。うまく伝わらないかもしれないけど、なんとか伝えられたらな、と、文章をひたすら打っては消してを繰り返した。

の、Hiroなのでした。


.
posted by Hiro at 22:40| 千葉 ☔| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。